FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北半球世界一周30日目

3月12日(土)アーグラー2日目

朝起きてレセプションを見てみたら違う人がいたので、また治安について聞いてみた
すると「朝も夜も危なくないけれど、外国人は夜は危ないあと、外の人と友達になっちゃダメだ」とのこと

この、『友達になっちゃダメ』というのがカーストの関係でそう言っているのか、それとも本当に外の人が危険なのかは未だによくわからん

明るい時間は大丈夫みたいなので外出してみました

フルーツ屋さん
アーグラーフルーツ屋さん
すんごいハエが多い
このおっさん、オレンジ500g買おうとしたら、「2ドルだ」だって
そりゃないだろと思って帰ろうとしたら「1ドル」、もっかい値切ってみたら「20ルピー」だとのこと
ここは食べ物もぼってくるのね

チャイ屋さん
アーグラーチャイ屋さん
1杯5ルピー


10時に車が迎えに来てくれて、かの有名なタージ・マハルに行きました
タージ・マハル/Taj Mahal
観光客Rs750(1500円くらい)
現地の人はたしかRs20くらいありえないぼったくり

セキュリティチェックがあるので男女に分かれてすごい行列です
タージ・マハル行列
ニセ身分証明カードをぶら下げたニセ政府職員が「Rs750払ったらすぐに入らせてやる」と声をかけてくる
断ったらどんどん値下がりするから明らかにおかしいんだよね
しばらく並んでいたら観光客はチケットが高いからここの道を通って先に行けと正規タージ職員のおじさんが前に行かせてくれました

ただ
持っていたネットブックが止められてしまった
西門は歩いて15分くらい離れたとこにロッカールームがあるのだけど、そこに預けろだって
いや、ちょー腹立った
怒りながら急ぎ足でロッカールームに行ったらRs20とられてまた腹立った

やっと入場
タージ・マハル

どんなに腹が立っていても、綺麗なものを見ると心が安らぐ
タージ・マハル
シャー・ジャハーンが奥方さまのために建てたお墓
インド人は奥さんをすごく大切にしている人が多い
確固たる信仰があり、夢があり、家を守り、心の基盤がとてもしっかりしているので彼らはあんなに逞しいのだろうなと思う
タージ・マハル裏側から対岸を見る

裏側の日陰でみんなが涼んでいました
タージ・マハル裏側で涼んでいる人たち

内部の皇帝とお妃のお墓
タージ・マハル内部のお墓

壁の大理石装飾
タージ・マハルお墓のまわりの装飾
綺麗だねぇ~

最後にもいっちょタージ・マハル
タージ・マハル

見終わってやってしまった
出口を間違った
東門から出てしまった
しかも自分が入った門が何門かしらん
しかたないからオートリキシャに乗って南門に行き、違ったので歩いて西門に行き、やっとネットブックを回収しました
あーめんどくさ


アーグラー城/Agra Fort
アーグラー城
Rs250か300か…
私は300払った

1565年にアクバル帝によって築かれたムガル帝国の権力の象徴
タージ・マハルが小さくきれいに見える
アーグラー城からタージ・マハルを見る

ムサンマン・ブルジュとタージ・マハル
アーグラー城囚われの塔とタージ・マハル


らくだ
対岸に行ったららくだが居たので乗ってみた(Rs100)
らくだの上から
タージ・マハル対岸らくだに乗る
らくだは象より揺れるし、座ったらくだが立ち上がる時・たったらくだが座る時には異様に前のめりになるからかなり怖い
らくだに乗るのに何人か落ちて死んだんじゃないかと思う

らくだ
乗せてくれたらくだ
鼻息がくさくてかわいいです

らくだとタージの写真も撮ってもらったけど、対岸で物売りの少年に初めてタージと私の写真を撮ってもらった
あの、つまんだりするぶん
楽しいなぁ~

この少年、「日本人は僕の友達だから」と言って特に請求してきませんでした


イティマド・ウッダウラー廟/Itimad-ud-daulah's Tomb
イティマド・ウッダウラー廟後ろ側から
ここもムガル時代のお墓
ヌール・ジャハーンが1622-28年に父母のために建てたのだそう
Rs100くらいだったかと

大理石細工はほんまにすごい

イティマド・ウッダウラー廟壁

イティマド・ウッダウラー廟床


お土産物屋さんの前で大理石細工をする人たち
大理石細工
ハードワークです


アーグラー駅にて夜ご飯
アーグラー駅で夜ご飯
朝ごはんのオレンジ以来
サンドイッチ3個食べた
カレー毎食食べる気しません
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール/Profile

らいす / rice

Author:らいす / rice
Age:33 years old
Sex:♀

『百聞は一見にしかず』
To see is to believe.

数年前の記事をもしもUPしたときは、まとまりがなくなるので、旅行した年の記事として投稿します。
If I upload the article of past travel, I'll upload as that years for easy reading.

画像はクリックすると大きくなるものがあります。
Some photos become big when you clicked.

拍手をくださりありがとうございます。
Thank you for pressing the button of 'Clap your hands'.

公開コメント付き拍手をくださった方は、もう一度同じページの拍手ボタンを押してくださいますと一番下に私のリコメが見れると思います。
If you gave me a 'Clap your hands' with opening comment, you can read my reply by pressing the button again.

非公開コメントは私が読むことは出来ますがリコメできません。
If you gave me a secret comment, I can read but I can't reply.

ブログをつけることは私の趣味であり、仕事ではありません。
申し訳ありませんが、全てのコメントに返信するわけではありません。ご了承ください。
To write blog is my hobby, not my work.
I'm afraid I don't reply all your comments. Pls understand.

リンクフリーですが、画像・文章のみをお使いになる場合には事前にお知らせください。
This blog is link-free, but pls let me know before you use only photos or pictures or sentence.

いらっしゃい!/Welcome!
現在の閲覧者数:
無料カウンター
トータルカウンター/Total counter
またお越しください♪
リンク/Link
天気予報/Weather forecast

-天気予報コム- -FC2-
注意/Notice
右クリックはご利用できません。 Right-clicking cannot be used.
最近の記事/Recent article
いつも文章長くなります・・・
カテゴリ/Category
まだまだ行きたいところがたくさんです!
ブログ内検索/Retrieval in blog
最近のコメント/Recent comment
最近のトラックバック/Recent trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。