FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北半球世界一周裏話4/An inside story of travelling round the world (4/5)

-3/5-

宿を移動して彼に電話をする。
「あの女性は誰なの?」と聞いても彼は「あれは1年前の写真だ。全ては日本で会ってから顔を合わせてから答える。僕に電話をするなら、元気?とかそういうことだけを言え、それが出来ないなら架けてくるな」と怒ってばかりで話にならなかった。
私はこんな大切な質問に答えてくれず怒ってばかりの彼に対して悲しくて泣いてしまった。

電話では話にならない。
日本で顔を合わせてしまった時には彼はトルコでの全てを終えてしまっている後なので手遅れだ。
何としてもその前に事実を知りたい。
彼に分かってもらおうとメールを書いていて書き終えた頃、信じられない人から信じられないメールが来ていた。

彼のもう1人の彼女。
いや、彼のメインの彼女。
返事は来ないだろうと思っていたのに。

『私は彼と一緒に住んでいるわ。でも最近携帯を持ったから移動したの。彼が日本人の女の子とも関係があると聞いたけど、あなたのこと?私に電話して。先週あなたはどこにいたの?セルチュク?トルコ?先週電話をもらったの。私は去年の7月から彼と一緒にいるわ。』

・・・。
1秒迷って電話した。
だって、たぶん本当のことを教えてくれるのは今、彼女しかいない。

彼女は宿に彼と一緒に住みながら、一緒に働いていたらしい。
家族は数年前からトルコに住んでいて、たまに実家に帰るんだって。
1人のトルコ人女性が私のことを彼女に言ったみたいだけど、彼女は全然信じてなかったんだって。
彼女も彼に私と同じくらいの額のお金を貸しているし、彼は去年の夏にも台湾の女の子と浮気をしてお金を借りたみたいだけど、その時は彼女は目をつむったらしい。
彼は色んな人に『お母さんがトラブルを抱えていて手術が必要』だとか『刑務所の保釈金』だとか他にもいろんな理由を言ってお金を借りているんだって。

そして彼の出生。
普通にデニズリの隣の村で生まれてそこで育ったらしい。
もちろん親は2人。
カッパドキアの気球やツアー会社はただの良い友達。
そしてデニズリに家族がいるらしい。
子どもが2人。
携帯の待ち受け画面が子どもで、兄弟の子だと言っていたけれど、たぶん彼の子どもだったんだろうな。
彼は離婚したと言っているけれど、彼女は信じていないんだって。
彼女とは12月に結婚することになっていたんだって。
イスラム教は4人まで妻をもてるけれど、そういう意味ではなさそうだった。
離婚を信じていないけど結婚を信じる一見すると矛盾している彼女の気持ちが私には分かる。
彼は本当に口がうまいもの。

そして問題の5月4日。
朝私とセックスして、夜彼女とセックスしたらしい。
出張だなんて真っ赤な嘘。
夜、みんなで彼のお誕生日のお祝いをしたそうです。

もう笑うしかないって感じ。

彼はよく冗談で「ダーリン、殺すぞ」と言っていましたが、私が殺したいわ、ほんと。

私のヒアリングがいまいちなので、途中からチャットで話してその間に彼女に彼から電話がかかってきた。
イスタンブールのどこのホテルに泊まっているのか彼女が聞いたら、「パリホテル」って彼は答えたそうじゃない。
彼は冗談が好きだから、冗談かと思って調べたら、本当にイスタンブールにパリホテルがあった。。。
本当に泊まったかどうかは知らないけれど。
パリにいる私のことを想ってそう言ったの?
それともイスタンブールに行く資金を提供した私に感謝して言ったの?

しばらくして私にも電話がかかってきた。

「彼女と話したのか?」と聞くから「Yes.彼女は私の友達なの。知らなかったの?」、「彼女は死にたいって言ってるぞ」と言うから、「それは私の問題じゃないわ、あなたが何も教えてくれないから連絡したの」と言うと「君がそんなのだと僕は日本に行く気が本当になくなった」とか私のあげたお金のこととかを言うから、「もう来なくていいし、お金もあなたの貧しい心にあげるわ。そのお金で治しなさい。偽物はいらないの。もう電話してこないで」と言って切った。

続く

I called him after I moved.
“Who is that blonde woman?” He said “That photo is 1 year ago. I answer you all in Japan by face to face. If you call me, just say ”How are you?”. If you can't, don't call me!” We couldn't talk because he was angry in the meanwhile.
I was very sad and crying again because he was angry all the time without answering this important question.

We couldn't talk by phone.
It's too late when we meet in Japan, because he finished all things in Turkey.
I strongly wanted to know the truth before that.
I wrote a mail to him, because I wanted him to understand.
When I finished writing a mail, I found an unbelievable message from unbelievable person.

From his another girlfriend.
No no... His main girlfriend.
I didn't expect her reply.

"I'm living with him together... But recently moved out cause I got a pfone call he has also a relation with a Japanese girl, is that you? Pls call me.
Where you last week in selcuk or turkey? I got the phonecall last week. I'm together with him since July 2010."

.....
I wavered one second, then called her.
Because she must be the last person telling me the truth now.

She run and lived in that hostel together with him.
Her family are living in Turkey from few years before. She returned her home sometimes.
One Turkish woman told her about me, but she didn't believe.
She lent money to him about the same amount as me.
And he had relation with Taiwanese woman last summer, and he also borrowed money from her.
But she closed her eyes that time.
He seemed to ask money to many people “ sick mom which needs to be operated” or “jail money which need to be paid” or other reasons.

And his birth.
He was born in village next to Denizli, and grew up there usually.
Surely, he has only 2 parents.
Balloon company and tour company in Cappadocia are just his good friends.
And he has his family in Denizli with 2 children.
I saw his mobile main screen, he said to me “brother's child”, but maybe it was his child.
He said to her he divorced, but she didn't believe.
She and he would marry in December 2011.
Though Muslim can have until 4 wife, it didn't seem such a meaning.
She didn't believe his divorce, but she believed her marriage.
It is paradox, but I can understand her.
He is real flatterer and very well.

And that day of 4th May.
He had sex with me at morning, and also had sex with her at night.
Business trip? No no... That was all his lie.
At night, they celebrated his birthday in his hostel by everyone.

My last resort was only laughing myself.

He often said to me by joke “Darling, I kill you.” Indeed, I want to kill you, my bear.

My hearing skill is poor, so we talked by chat.
Then, he called her.
She asked his hotel in Istanbul.
He answered “Paris hotel”.
He like joking, and I thought this time was also his joke.
But I found "Paris hotel" in Istanbul...
I don't know he really stayed or not.
Did you say with thinking of me stayed in Paris?
Or, was this thank you for me who gave the capital to go to Istanbul?

After a while, he called me.
“Did you talk with her?” “Yes, we are friend. Don't you know?” “She said to kill herself” “That's not my problem. You didn't tell me anything, so I got in touch with her.” “You do like that, I don't really want to go Japan.” He also said about given money by me. I said “I don't need you! I give money to your poor heart. Please cure your heart by this money. I don't need imitation. Don't call me again!” Then I hanged up.

-to be continue-

ムスタファホテル ペンション ゲストハウス パムッカレ シルバー 銀さん Mustafa Hotel Pension Guest house Pamukkale Turkey Silver Guin san Gin san Zilver Ocirap 무스타파호텔 호텔 게스트하우스 파뭇카레 실버 银
スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

プロフィール/Profile

らいす / rice

Author:らいす / rice
Age:33 years old
Sex:♀

『百聞は一見にしかず』
To see is to believe.

数年前の記事をもしもUPしたときは、まとまりがなくなるので、旅行した年の記事として投稿します。
If I upload the article of past travel, I'll upload as that years for easy reading.

画像はクリックすると大きくなるものがあります。
Some photos become big when you clicked.

拍手をくださりありがとうございます。
Thank you for pressing the button of 'Clap your hands'.

公開コメント付き拍手をくださった方は、もう一度同じページの拍手ボタンを押してくださいますと一番下に私のリコメが見れると思います。
If you gave me a 'Clap your hands' with opening comment, you can read my reply by pressing the button again.

非公開コメントは私が読むことは出来ますがリコメできません。
If you gave me a secret comment, I can read but I can't reply.

ブログをつけることは私の趣味であり、仕事ではありません。
申し訳ありませんが、全てのコメントに返信するわけではありません。ご了承ください。
To write blog is my hobby, not my work.
I'm afraid I don't reply all your comments. Pls understand.

リンクフリーですが、画像・文章のみをお使いになる場合には事前にお知らせください。
This blog is link-free, but pls let me know before you use only photos or pictures or sentence.

いらっしゃい!/Welcome!
現在の閲覧者数:
無料カウンター
トータルカウンター/Total counter
またお越しください♪
リンク/Link
天気予報/Weather forecast

-天気予報コム- -FC2-
注意/Notice
右クリックはご利用できません。 Right-clicking cannot be used.
最近の記事/Recent article
いつも文章長くなります・・・
カテゴリ/Category
まだまだ行きたいところがたくさんです!
ブログ内検索/Retrieval in blog
最近のコメント/Recent comment
最近のトラックバック/Recent trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。